未分類

ヒアルロン酸は体内にいたるところに存在し、その働きを紹介

美容に良いと注目され、化粧品の美容成分として使われることの多いヒアルロン酸は実は身体のいたるところに存在しています。

ヒアルロン酸は年齢を重ねると共に体内のヒアルロン酸の量が減ってしまします。

 

存在している場所として目、皮膚、関節で、細胞と細胞の間にあります。

体内にあるヒアルロン酸は水分を保持したりクッションの役割をしてくれます。

目に含まれているヒアルロン酸は硝子体に多く含まれています。

目の形を保ったり、眼球を丸く維持してくれる働きをします。

 

皮膚に存在するヒアルロン酸は皮膚の乾燥を防いでくれる役割があります。

ヒアルロン酸が多いと水分が十分に保たれている状態で皮膚の表面が潤っています。

ヒアルロン酸

ところが、ヒアルロン酸が減っている皮膚だと水分が少なくなり、肌のハリが失われ、皮膚の表面の乾燥も進んでしまいます。

 

若い時は乾燥することは少なくて、年齢を重ねると乾燥が酷くなったり、ハリが減ったように感じる方も多いですが、それは体内のヒアルロン酸の量が減っていることになります。

 

関節に存在しているヒアルロン酸は関節液や軟骨に多く含まれています。

潤滑作用で骨と骨の間の滑りをスムーズにしたり、クッションの役割をしたり、関節の動きくれる働きをしてくれます。

 

ヒアルロン酸の化粧品は多く販売されています。

 

ヒアルロン酸の効果を肌に与えたい場合は化粧品を使うのが手軽な方法です。

化粧品に含まれているヒアルロン酸の効果は保湿効果です。

ヒアルロン酸の特徴として1グラムあたり水6リットル分の水分を保持できるくらい高い保水力にあります。

 

肌が乾燥すると老化を促進させたり、刺激を受けやすく肌トラブルを引き起こしやすい状態となってしまいます。

特に年齢を重ねると乾燥が進みやすくなるので、乾燥肌のスキンケアとしてヒアルロン酸の入った化粧品のケアは効果的なのです。

 

ヒアルロン酸は刺激が少なく肌に優しい成分なのも特徴です。

乾燥肌のケアを始めとして、敏感肌や乾燥しているところとそうではないところが混在している混合肌、脂性肌の方など肌質を問わず使うことができます。

刺激が少ないので肌荒れやかゆみも引き起こしにくいです。

 

ヒアルロン酸の化粧品は高価なものから安価なものまで幅広く存在していますが、ヒアルロン酸の効果を実感したいならヒアルロン酸の配合割合に気を付けて選ぶ必要があります。

 

化粧品には必ず成分表記があります。

成分表記にはたくさんの成分がずらっと書かれていますが、これは配合量が多い順番に記載されています。

 

成分表記を見た時にヒアルロン酸が最初の方に書かれているとヒアルロン酸の配合濃度が高い化粧品を選ぶことができます。

ただ、注意しておきたいのがヒアルロン酸入りの化粧品を使ったからといってヒアルロン酸の量が増えるわけではありません。

 

ヒアルロン酸には肌を保湿する効果が期待できますが、ヒアルロン酸によって肌が保湿されて、水分が保持できるようになったからハリやツヤが出るように変化したことで保湿効果を発揮します。

なので、化粧品でケアをしたからと言って肌の中のヒアルロン酸が増えるものではないことを知っておきます。

 

ヒアルロン酸入りの化粧品を肌に塗ってもそのまま肌のヒアルロン酸にはならず、ヒアルロン酸の保湿効果はヒアルロン酸の働きで肌の水分が保たれるようになってハリやツヤが出ることで保湿効果につながるのです。

 

よって、ヒアルロン酸は体内にあらゆるところに存在していることが分かります。

アルロン酸を取り入れるのに化粧品を活用するのが手軽な方法です。

 

ですが、ヒアルロン酸入りの化粧品を肌に塗ったからといってヒアルロン酸の量が増えるものではなく、ヒアルロン酸そのものが肌の水分を保たれるようになって、保湿されることでツヤやハリが出るようになり、肌を保湿してくれるのです。

 

シワが気になる方はヒアルロン酸を使おう